氣粧品ってなあに?

HOME >> 氣粧品ってなあに

氣粧品ってなあに


【氣粧品】とは、“癒しの波動”を持つ商品のことをいいます。 
○私達が住む地球上の全ての物質は、超微細な振動を繰り返しています。それは目にも見えず、触れても感じることはできません。しかし器械で測定すると固有の波形で振動し、超微弱なエネルギーを発していることがわかります。それを 【波動】しているといいます。 

○その波動は、身体のあらゆる器官・部位に伝播して心身に影響を及ぼします。身近にある携帯電話、テレビ、草や石、水はもちろん、ヒトの60兆の細胞も振動しています。接した瞬間に「あの人とは氣が合う」「あの絵を一目で好きになった」「あの音楽は心に響く」と高揚感を感じたことはありませんか?それはその人やモノや音などの持つ波動と、あなたが持つ波動が「波動共鳴」したことによって生じる感覚です。

○波動には、その人にとって良い波動と、悪い波動があります。それを人は五感で「快、不快」によって感じ分けます。快ならば身体を巡っている氣・血・水の流れを良くし、細胞を元気にします。逆に不快ならば不調にします。「快」にする波動を「癒しの波動」といいます。

○そこで 「いってん」では、常に波動のいい原料や素材を選び、更に波動のいい11種の石と天然水から作った《いってん水》、いってんオリジナルの11種の石で作った《氣粧ボックス》によって、さらにいい波動を付加し、癒しの波動を持つ商品に仕上げています。

○ストレスなどにより、人間のもつ波動が弱まると、同時に氣・血・水の巡りも弱くなって、心身は不調になります。すると肌はカサつき始め、トラブル肌、敏感肌、乾燥肌になりやすくなります。
○しかし人間には自然治癒力があります。水が出なくなった井戸のポンプに、呼び水を与えると新鮮な水が湧き出てくるように、“癒しの波動”を皮膚に与えることによって、身体がもつ自然治癒力を引き出し、氣・血・水の巡りをよくして、健やかさを生ませるのが 【氣粧】という考え方です。そして癒しの波動をもった商品を 【氣粧品】といいます。 

○さらに付け加えるならば、弊社の氣粧クリーム等で、カサつく皮膚の箇所に、よい波動の潤いを与えて、氣・血・水の巡りをよくすることを 【気象湿潤】といいます。

○“癒しの波動”を持つ商品かどうかは、“オーリングテスト”や社長がセミナー講演で行なう“氣のテスト”で簡単に体験できます。弊社は原料、容器選びの時から一つ一つこのテストを行っています。
 

 
 
 

 
○大昔の化粧は、魔よけのための〈変身〉を意味しました。派手な色を顔中に塗り化け粧(よそおう)って、その色の力で相手を脅かす〈けはい〉作りが目的でした。又醜さを美しさに変えるので、〈飾る〉の意味もありました。ここから化けて粧(よそおう)ことを、「化粧」という言葉にしたのではないでしょうか。
 

 
○日本人の身体感覚の中には、美しい〈けはい〉を漂わせることを好む美学があります。茶道、華道、香道などの日本の伝承道に、それを見る事が出来ます。〈けはい〉は〈氣配〉と書き、目には見えない“氣”が延び広がることを意味します。
 
○弊社が、皆様にお届けしたいのは、「美しい氣配を漂わせる心身作り」に役立つ商品です。あなたが、ステキな素肌で、ステキな笑顔でいる時が、あなたにとって一番美しく幸せな時です。
そこにお役に立てる商品を、これからも皆様にお届けしたいと思っています。皆様の思いと『株式会社いってん』の思いが、これからも波動共鳴して行くことを願ってやみません。

商標登録

 
下記は弊社が持つ登録商標の名称です
「いってん」登録商標第4586309号、「氣粧」登録商標第4969898号、「黒田光線」登録商標第5501664号